画集が届きました

2014年01月10日 21:09

/2013年の集大成(^o^)v\

表紙に2014年ではなく2013年…と書いてありますが間違いではありません。

2013年に描きためたイラストの中から厳選してまとめた集大成画集です^^ 本当は明日の荷着予定でしたが、一日早く手元に届きました。

早速明日、展示のスペースへ並べに行こうかなと思っております。

 

実は先日印刷屋さんから電話がありまして、「遊び紙を特殊なものに変えませんか」とご提案をいただきました。

その提案を受けて、レインボーなおもしろ遊び紙で冒険をしましたが、印刷屋さん本当にきれいに仕上げてくださいました(^ω^)ありがとうございます!結果的に普通の遊び紙(青い色を希望していました)を入れるより、アクセントになってよかったと思います。実物を見たい方、どうぞお手に取って眺めてみてくださいませ^^

 

ちなみにですね。

この画集に掲載しているイラストの中には、「あ、これ何だか怖い絵だな…」と思われるものも数枚含まれております。掲載選考の際にこれは載せるのやめようかなとも思ったのですけれども、あえて掲載したのは「きれいなものばかり描いているわけじゃない、痛みを表現したものもある、それも含めての2013年自分のまとめ」と、時々痛みを抱える自分の心境を完全撤廃したくなかったのかもしれません。

ご覧になった方の中には、不快に感じる方ももしかしたらおられるかもしれないですね。

そうであれば、「プラスのエネルギーを感じてほしい」という根本が覆されることにもなりかねません。

ですが、私はこの怖い絵、痛い絵にも、何かしらの力があると思っております。感じ取られるのがプラスの感情でなかったとしても、何か訴えるものがあるんじゃないだろうか、エネルギーは確かに存在するんじゃないだろうかと、そう思ってあえて公開させていただきました。

 

それでももし不快に思われたのでしたら申し訳ございません。

只、世の中の絵描きさんは、どんなにきれいなもの可愛いものを描く方であっても、多かれ少なかれこういった痛みのある絵を描くことはあると思います。私だけではないだろうなと。

幸せな絵、きれいな絵、素敵な絵、そして時々痛み。

すべて含めて私の作品だと思います。

今後はそういった痛みのある哀しい絵は、なるべく誰かの目に触れないようにするかもしれないですし、またはやはり自分の作品だから、と公開をするかもしれません。そこのところは未定ですが、力のある絵は極力載せよう、と今はそう思っています。

一先ず今回のところは大目に見てやってくださいませ(開き直った)

 

では、明日午前中の内に並べに行きます!

見かけられた方はどうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは、今日はこれにて^^